サイト内検索

萌えゲ―アワード2019受賞記念セール開催中! 6月12日(金)17時まで
MENU

アダルトPCゲームランキング

素晴らしき日々 〜不連続存在〜 フルボイスHD版
ダウンロード価格:7,980円
クレジットカード決済なら:
79pt獲得
  • 独占

素晴らしき日々 〜不連続存在〜 フルボイスHD版

画像はイメージです。実際の作品とは異なる場合がございます。

ブランド名: ケロQ
ダウンロード版対応OS

Windows Windows:8/8.1/10

配信開始日 2020/05/22
原画 籠目 基4%  karory
シナリオ すかぢ
ゲームジャンル AVG(18禁)
ボイス あり
シリーズ 素晴らしき日々
ジャンル
コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

※「素晴らしき日々 〜不連続存在〜 フルボイスHD版」3つの特徴※

1:すべての画像をHDサイズに一新。
 より高細密な画面でプレイいただけます。
 また対応OSも更新し、Winsows8/8.1/10に
 正式対応。最新の環境でお楽しみいただけます。

2:全てのキャラクターにボイスを実装。
 声がついたことによって、より深化した物語を
 みなさまにお届けいたします。
 また、演出の為に新規で描き下ろされた
 立ち絵も新たに収録されております。

3:素晴らしき日々フルボイスHD版のために
 すかぢにより執筆された
 新ルート『Knockin' on heaven's door』。
 描き下ろしCG多数、ファン必見の追加ルートです。
 もちろんこちらもフルボイス!!
 新たな要素を是非お楽しみください。


----------------------------------------------


空に連れてかれる日と呼ばれる日。
あるいは、素晴らしき日と呼ばれる日。
それともその名は終ノ空? 鏡の世界? 不思議の国?
いくつもの言葉で語られる境界の日。

空いっぱいにつまった言葉を眺める少女。
彼女が見上げる空は、幾多の色に染まっている。
夏の……とある暑い日差しの日をめぐって、いくつもの視点が交差する世界……。

世界の端を見つめてみたいという少女は、世界の果てで何を見るのであろうか……。

世界の果て。
世界の限界。
その先の風景。

一つの物語が終わり、新しい物語が始まる。
その時……ボクは君におとぎ話をしてあげよう。

▼もっとみる
ダウンロード通常価格: 7,980円
クレジットカード決済なら:
79pt獲得

バスケットに入りました

※価格は全て税込み表示です

コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

購入前にご確認ください

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。

ご利用方法説明ページへ

会員登録

  • B
  • t
  • f

作品情報

製品情報

ダウンロード版

対応OS
Windows

Windows:8/8.1/10

動作環境
    CPU:(必須)Pentium 4 以降(推奨)Core 2 Duo 以降
    メモリー:(必須)1GB以上(推奨)2GB以上
    HDD容量:約5GB以上
    サウンド:DirectSoundに対応したもの
    ディスプレイアダプター:(必須・推奨)VRAM 64MB以上
    色数:(必須)HIGHCOLOR以上(推奨)FULLCOLOR
    解像度:1280×960以上
    DirectX:要DirectX9.0c以降
    ボイス:フルボイス
ソフ倫受理番号 1800780D
プレイ期限

無期限

ID認証形式 ID認証形式

無期限ダウンロード対象商品

ファイル容量 3152.87MB

本商品を利用するためには、最新版のソフト電池ランタイムが必要です。

  • ※Windows7のサポート終了に関しましてはこちらをご確認ください。
  • ※購入前に必ず対応OSと動作環境等をご確認ください。
  • ※体験版のある作品は体験版にて動作をご確認ください。
  • ※体験版が正常に動作しても、対応OS以外は動作保証外となります。
  • ※本製品とハードとの相性が原因と思われる不具合は、サポート対象外とさせていただきます。

ユーザーレビュー

平均評価 4.53点

総評価数 19(12件のコメント)

並び替え

  
  •   フルボイスHD版ではないので気を付けてください

    体験版に登場する人物は全員ボイス付きなので勘違いしがちですが
    このDL版はフルボイスではないのでお気を付けください

    シキTさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ クトゥルフ神話の神格たちの戦い

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    世界の外の神格たちの争いを語らないように語った話しだと解釈しました。
    ウィトゲンシュタインを引用してナンセンスなフィクションを語らないように語ろうとしたのだろうと解釈。
    一見物語は一つの道筋で成り立って進んでいるようですが、終の空2.終章でそれを否定してきたことで、私はこの解釈にすることにしました。
    7月20日までを各章でループして、神格たちが争っていると仮定。
    神格→若槻鏡、司。音無彩名。リリル。変態の神。
    一章目…若槻鏡、司姉妹の勝利エンド
    二章…音無彩名の勝利エンド
    三章…リリルの勝利エンド
    四章…変態の神勝利エンド
    それ以降…人からみた神格たちの争い解釈エンド。
    主人公は人なので神々を妄想や形而上学的存在として、それらに対しての解釈をナンセンスとして捉えようと努力してます。
    ですがプレイヤーからしてみれば「…あ…あれ何なん?」と思ったまま、何ごともなかったように人の物語が進んでいってしまいます。
    唯一説明してくれそうな、たくじくんでさえ、神々の戦いに人が入る余地はない。とプレイヤーへの説明を拒否します。
    ですが、ウィトゲンシュタイン流で言えばこの沈黙するしかないところの神々あるいは妄想たちが動いていなければ、この物語は進みようがありません。つまり物語内に神格たちが明らかにいるわけです。
    例えるならジョジョでいえば、全員スタンドを使って戦っているのだが、スタンドの説明はそれは妄想であるため一切しないという形の物語だと解釈してくれれば良いと思います。
    人によって語りえない神格たちが争っていると解釈しながら読むと、この物語が明らかに神格たちの手のひらを人々が右往左往している形なのが見えてきます。
    …まぁここまで書きましたが、この素晴らしき日々はいくらでも解釈できる形を持った物語です。
    私はウィトゲンシュタインやハイデガーは数学的でフィクションと相性が悪いので、この物語に哲学的解釈をするべきではないと感じましたが、(どちらかといえば、この物語は精神分析の分野に近い気がします。)
    それぞれの解釈をして楽しんでみてはいかがですか?と思いました。

    レビューを表示する

    ニァーンさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 苦手な部分もあったけど確かに★5個です

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    以前「サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-」をやってその感覚にまたつかりたいと思いこの作品を手に取りました。
    そして今、全て終えたところでこの読書感想文をつらつらと書いています。

    まず、おもしろいことは間違いないのですが、方向性は頭を空っぽにして楽しむ純粋な娯楽作品ではないですね。
    私はこの作品のテーマを「生きることの意味」だと感じ取りました。
    そんなテーマのためか登場人物はみんな考え込んだり悩んだりしていて、読み手にも「感情」よりも「思考」の理解を求められると思います。

    しかし、個人的には暗い話が苦手なのでいじめのシーンは読んでいてかなりつらかったです…
    ではなく好きなところ…「サクラノ詩」でもそうでしたが、BGM が素晴らしいですね。
    常々思っているのですが、音声が付いた媒体により語られる物語は音楽が非常に大事です。
    当然、シナリオやキャラクターが土台・骨格ではありますが、それを活かしてより読み手を没入させるのが文字や絵よりも直接的に感性に訴えて世界観を想起させる音楽だと思っています。(これこそが演出というものなのでしょうが)
    特に「この素晴らしき日々」はファンタジー色が強めなので、物語の舞台を想像させることに音楽が影響したことを強く感じています。
    私は一番最初のシーンで BGM「夜のひまわり」が流れだしたとき、一気にあちら側へ持っていかれた気がしました。

    何はともあれぜひいろいろな方にやってみてほしいですね。
    Windows 10 でも動きましたし、「サクラノ刻 -櫻の森の下を歩む-」も発表されて楽しみですし。

    レビューを表示する

    tatetsuさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   面白くなるまでに時間がかかるが・・・

    難しい、哲学的といわれているが、そんなに構える必要はないかと思う
    純粋にミステリーとして楽しんだってなんの問題もない
    だがしかし、序盤の話があまりにも突飛なので、ついていけない感が非常に強い
    登場人物のセリフが本当に意味不明
    しかし、そこを我慢して乗り越えれば、必ずや面白くなっていくことだと思う

    エロゲマニアさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   傑作であるが人を選ぶ作品

    この作品はかなり評価が高いのですが、それに納得できる内容だったと思います。
    また、この作品は哲学を主として作られています。そのため、なかなかに読み解くのが難しい作品でした。その難しい部分がこの作品の最大のネックで最大の魅力です。そのため、人を選ぶ作品であると思います。

    ひねくれ斜太郎さんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   テーマ、雰囲気、グラフィックその他諸々…良し。

    それを吹っ飛ばす各章毎に初回スキップ不能のエンディングロール。
    「気合い入れて作ったED曲最後まで聴いていけや!」←分かる
    「但しビジュアルには力入れてないけどな!」←まあ分かる
    「スタッフロールも見ていけ!毎回同じだがな!!」←さっぱり分からない

    …あまりにも繰り返しが過ぎて天丼コントに見えてきたぞ?

    こういう雰囲気重視のゲームで「コントっぽい」と感じさせるのはまさしく台無しなのである。
    後はまあ美麗グラフィックといえど時代相応なので多分に記号的で肉質感には乏しい。

    yuichi00さんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    10人中、6人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 作者の顔が見え隠れ

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
     延々と主人公が哲学者の言葉を引用して雰囲気に浸ってる。しかもその言葉に対して意味はない。難解で読み解くのが難しいと言っている方がいるが、そもそもそこに深い意味などない。 作者がただ何となく言葉を並べているだけだ。他人の言葉を並べるくらいなら主人公のバックボーンに基づいた独自の考え、哲学を語ってもらいたかったですね。
    正直、高評価をしているのは哲学等に酔って雰囲気に流されている人だけなんじゃないでしょうか?というのがプレイして見ての感想です。
     ただ、ひとつだけ良買ったところを挙げるとしたら由峠が背中を押すシーンでしょうか、あそこはグッときました。

    総評: 良いシーンは所々散見されるが、哲学のひけらかしが多すぎて純粋にストーリーを楽しめない。 以上。

    レビューを表示する

    綾鷹大好きマンさんのレビュー -アダルトPCゲーム

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   解離性同一性障害の脳内バトル

    上記の通りです。
    哲学とか厨二こじらせてる人には受けると思います。

    ただのオタクさんのレビュー -アダルトPCゲーム

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   神作

    シナリオもキャラクターも大好きなゲームです。青春です。おすすめです

    mimumimuさんのレビュー -アダルトPCゲーム

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   8年ぶり4週目、いまだ色あせないメーカー最高傑作

    フルボイス化で既存のシーンもさらに素晴しくなってくれました
    今までの最終ENDを終着点(?)とするか、追加シナリオを終着点とするか
    どちらをとっても神ゲーであったことは揺るがない

    ダテサングラスさんのレビュー -PCゲーム(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、0人が参考になったと投票しています。