ヘルプ
SUMMER SALE2020開催中! 8月24日(月)17:00まで 全額ポイント還元チャンス!
MENU

アダルトPCゲームランキング

MUSICUS!【萌えゲーアワード2019 シナリオ賞・主題歌賞 受賞】
ダウンロード価格:4,400円
クレジットカード決済なら:
44pt獲得
  • 独占
  • ブラウザ対応

MUSICUS!【萌えゲーアワード2019 シナリオ賞・主題歌賞 受賞】

画像はイメージです。実際の作品とは異なる場合がございます。

体験版・無料ダウンロード

ブランド名: OVERDRIVE
ダウンロード版対応OS

Windows Windows:7/8/8.1/10

ブラウザ版対応OS

Windows 8.1, 10 / Mac OS X Yosemite以上 / Android 5以降 (7以上推奨) / iOS 最新バージョン

(ブラウザ版について、購入前にご確認ください)

配信開始日 2019/12/20
原画 すめらぎ琥珀
シナリオ 瀬戸口廉也
ゲームジャンル ADV(ビジュアルノベル形式)
ボイス あり
シリーズ MUSICUS!
ジャンル
コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

主人公・対馬馨(つしま・けい)はかつては有名な進学校に通っていたが、とある事情で中退。今は定時制に通っている。
『親の後を継いで医者になる』という最短のレールからは外れたものの、まだまだ挽回可能。
ただ、最近は『それでいいのだろうか?』と考えつつある。
定時制で出会った、これまで周りにいなかった多種多様な人々。
世界には自分が知らないものが沢山あるんだと実感させられた。
……なのにまた、戻ってしまっていいんだろうか?
僕は本当に、医者になりたいんだろうか?
それが僕の、この対馬馨という人間の、生まれてきた目的なんだろうか?

そんな中、市の懸賞に応募した小説をきっかけに、音楽プロダクションの社長・八木原から『うちのバンドの遠征に同行してレポートを書いてくれないか』という依頼を受ける。
取材先はかつてはメジャーでも活動していたバンド『花鳥風月』。
そのリーダー・花井是清はかなりの変わり者で、馨に対して『音楽なんてろくなものじゃない』と音楽の無意味さをこんこんと説く。
そんな花井に戸惑いながら参加した初めてのライブで、馨は花鳥風月の音楽に心を奪われてしまう。

数日後、初めてのライブの感動を忘れられない馨の元に届いたのは『花鳥風月解散』のニュース。
突然の解散に納得いかない馨は花井を説得に向かうものの、議論は平行線でらちが明かない。
その後も顔を合わせるたびにバンド再開を求める馨に、花井はこう言う。
『馨君、きみがおれのかわりにロックをやらないか?』

▼もっとみる
ダウンロード通常価格: 4,400円
クレジットカード決済なら:
44pt獲得

バスケットに入りました

※価格は全て税込み表示です

コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

購入前にご確認ください

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。

ご利用方法説明ページへ

会員登録

  • B
  • t
  • f

作品情報

製品情報

ダウンロード版

対応OS
Windows

Windows:7/8/8.1/10

動作環境
    CPU:Intel Pentium 4 2.4 GHz または同等 以上
    メモリー:2GB 以上
    VIDEO:1280x720pixel以上
    DirectX:9.0c以降
ソフ倫受理番号 1901227D
プレイ期限

無期限

ID認証形式 ID認証形式

無期限ダウンロード対象商品

ファイル容量 3034.88MB

本商品を利用するためには、最新版のソフト電池ランタイムが必要です。

ブラウザ版

対応OS

Windows 8.1, 10 / Mac OS X Yosemite以上 / Android 5以降 (7以上推奨) / iOS 最新バージョン

動作環境
  • ・Windows
     CPU/RAM:Intel Core i5以上/4GB以上
     ブラウザ:Chrome,Firefox,Internet Explorer 11,Edge
     ※InternetExplorerのみ専用のプラグインをインストールする必要があります。
    ・Mac
     CPU/RAM:2012年末モデル以降
     ブラウザ:Safari
  • ・Android
     推奨スペック:Chipset Snapdragon 805以上、メモリ2GB以上
     ブラウザ:Chrome
    ・iOS
     スマートフォン:iPhone6以降
     タブレット:iPad Air/ Air2以降、iPad Mini (第2第3世代)以降
     CPU/RAM:Apple A8以降
     ブラウザ:Safari
プレイ期限 無期限(β版)
  • ※Windows7のサポート終了に関しましてはこちらをご確認ください。
  • ※購入前に必ず対応OSと動作環境等をご確認ください。
  • ※体験版のある作品は体験版にて動作をご確認ください。
  • ※体験版が正常に動作しても、対応OS以外は動作保証外となります。
  • ※本製品とハードとの相性が原因と思われる不具合は、サポート対象外とさせていただきます。
  • ※ダウンロード版とブラウザ版のセーブデータは共有できません。
  • ※ブラウザでのプレイはβ版となりますので予告なく終了することがあります。
  •  また一部タイトルにおいては、動作環境を満たしていても正常に動作しない可能性がありますので、予めご了承ください。
  • ※ブラウザ版についての不具合やサービス終了についての返金は対応致しかねますので予めご了承ください。

ユーザーレビュー

平均評価 4.14点

総評価数 14(7件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   音楽というエンタメに取り組む登場人物たちのエンタメではない物語。

    人によって評価が真っ二つに分かれそうな作品なので、自分だったら他者に何も考えずにオススメしようとは思わない。
    でも人生を音楽に賭けるという生き方に憑りつかれた人たちのライブでの疾走感及び解放感、それと並行しながら自分たちがいつ周囲から認められるのかわからないまま人気と評価という形のない商業的なものと向き合い続ける未来の見えない日々。
    そういう重々しさや焦燥感がガッツリ伝わる物語なので、「気持ちの良いクライマックスはないけれど、胸が苦しくなるような緊迫感が良かった」というニュアンスに近い感性がある人なら一読の価値はあるかも。
    あと、抜けるエロは期待しないで。

    自分はオススメ攻略順をググって確認してからプレイする人なのですが、しかし何故かこの作品に関してはみんなオススメ順がバラバラという珍しいものでして…
    しかしその中で「BAD ENDを最後にしたほうが良い」という人はわりと多くて「これって一体どういうこと?」と思いながらも、自分も攻略順の最後をBADにしてめちゃくちゃ納得しました。

    考えてみれば、音楽に傾倒して生活に支障が出るほど人生を費やしてる人たちがそもそも普通な人たちなわけがなく登場人物はかなり奇人変人だらけ。
    そんな人たちの生き方というのは綺麗なカタルシスだけでは済まされないのかなあ、と自分はそう捉えました。
    つまりこれ、「誰が読んでも面白い」という類の話ではないと思うのですよ。
    むしろ「現実に存在しないようなテンプレの胡散臭いキャラゲーって嫌いなんだけど」とか言ってるような人のほうがこのゲームを気に入るかもしれない。
    そして自分はこの作品、嫌いじゃない。

    下野 紘さんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 瀬戸口氏ファンはがっかりするかも

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    ここ3年くらいで瀬戸口氏のシナシオのファンになった者です。復活して喜んでいましたが、同社の『キラ☆キラ』と比べて、ワクワク感が少なく、焦燥感が多い不穏な感じがします。
    これは登場人物が十代前半で~二十代前半で商業的にバンドをやるにあたっての当たり前だとは思うんですが、EDで救われて、終わりというカタルシスのない簡素なものに思えました。「よかったね」以外の感想が各ルート希薄です。エロ描写も多くはないし、キャラゲーとしても中途半端です。
    以下は各ルートについての感想です。

    ・三日月
    病める時も健やかなる時も不安定な三日月を支えそばにいることを選ぶルート。
    三日月のことは花井さんの忘れ形見?のような存在として見ていた主人公が彼女を崇めるように愛し、最後は相棒として音楽の道を歩んでいく。
    いわゆるトゥルーになるのでしょうが、シナリオも決して満足できるボリュームではなく、辛い部分もありますがCGを見る限りは気にすることがないように思えます。MUSICUS!はキャラゲーに分類されると思うのですが、三日月は捉えどころのない不安定な人格なので、そこらへんを対馬が「良くわかんないけど天才」くらいにしか描写していないので、三日月への好感度があまり上がらず、終わり方もあっけなく感じました。
    三日月は椎野きらりに比べてすべてを「クソ」で表現してしまうため、陳腐な感じがします。

    ・弥子
    バンド活動をやめ将来について本気で考えるルート。
    バンドは寄り道だったと割り切って高校をちゃんと卒業し、弥子とお互いを高め合う。それだけです。
    山場であるはずのクラス内でのバント活動は『キラ☆キラ』をなぞっているのでしょうが、人気バンドに所属していた対馬はいわゆる殿谷的ポジションにおり、語り手を通してはその山場を感じることができませんでした。瀬戸口氏のシナリオは、置かれた状況下で必死に頑張る人々の描写が妙であると思っていたのですが、対馬はその当事者にはなっていないように思えました。

    ・めぐる
    バンド活動を通して頑なだっためぐると心を通わせるルート。
    めぐるの過去はあっさり語られるためそこまで悲壮感はなく、浅川老人もぱっと出て大した交流もないのであまり感情移入はできませんでした。ただ、死生観については考えさせられましたがテキストが少なすぎる。

    ・澄
    対馬がどうなるのかを最後まで描写してほしかった。

    レビューを表示する

    愛ロボットさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    17人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   音楽とは何か

    自己表現、コミュニケーション、心情の赴くままに奏でられる魅力、そして求道
    少し(?)風変わりな若者たちがロックバンドの魅力や、それを取り巻くものに引きずり込まれて仲間たちとロックンロールする物語。
    現代日本におけるバンド活動の世知辛さ、その微妙な社会的地位や経済的苦しみをかなり克明に描写しているので本作のシナリオストーリーは決して現実を遊離しないままに音楽に携わることの苦楽を表現している。むしろ、その普遍さが様々な成功を夢見て演奏する登場人物達の一見「普通ではない」人々の悩みが特別なものではなく、共通の根を持ち感情を共有しあえることを教えてくれる。ステージの上で演奏する奏者も観客も皆一体になれるのだと。…作中最後のルートを除いて。
    ネタバレを避けるために抽象的に表現するが、あらゆる欺瞞をはぎ取った後に一つの物事に徹底的に執着するということは、それ以外の余計なもの、例えば尊厳だとか社会性だとか生殖行為であるとか、それら余分なもの全てを捨て去るということを意味する。
    そこで結果的に生まれたものが結局余計なものに支配されていたり、誰から共感を得ることができないもの産んでしまい評価のしようが無かったのだとしても、それまで純粋に唯一つのことを追い求めてきた妄執が感受したものを決して逃すことは無く、その異常性でもって主張が行われるのである。
    音楽という表現手段の純粋を、ライターの瀬戸口はこれまでの作品達で主張してきたものの逆説で見事に描き切っている。傑作である。

    プレイしている際に何度もエラーを吐いてゲーム中に強●終了させられたのでシステム面は評価できない。複数のルートを持って何度もプレイし直すという仕様上これは致命的ではっきり言って商品の体を成していないが、この素晴らしいシナリオをそれで避けるにはあまりに惜しい。星は5にする。

    最期に、こんな素晴らしいゲームを世に出して感動を与えてくれたことに関わったクリエイターの全てに感謝したい。
    作ってくれてありがとう。

    甘酒甘酒さんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   一度でも創作に触れた人へ

    クラウドファンディングで1憶以上の支援を集めたOVERDRIVEの集大成

    1憶以上の支援金を集めた13年続いた老舗メーカーの最後の花火というストーリー
    その文脈で色眼鏡で見てしまいそうな自分がいたし
    作品の中でもそれは問いかけられていたけれども
    結論から言ってその支援額に恥じない作品だった思う

    音楽とは違うけれど仕事で創作の道に進んでいる自分は
    主人公の繋くんに感情をむちゃくちゃにされてしまった
    創作への情熱だったり向き合う現実だったり
    創作に焼き殺されていく煉獄のような気持ちがあったり
    何かを作ることを少しでもやってきた人には
    非常にささるストーリーラインが用意されている

    三日月ルートの答えの出し方が本当に好きだ
    買って絶対に後悔はしない、創作、エロゲ文化が好きならぜひとも触れて欲しい

    あぁでもエロゲ―として一つだけ好きなキャラクターにHシーンがなかったので
    最後と言わないでファンディスクでも続編でも作ってその子のHシーンを見せて欲しい。

    チェリチェリさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   音楽とその世界観が素晴らしい!

    コストパフォーマンスは最高峰の作品です。
    BGM以外の歌詞ありの曲が17曲も収められているというボリューム。
    バンドマンの抱える葛藤や金銭的な実情も書かれており、ライブなどに行かず知識のない人でも世界観に引き込まれる。まずは体験版をやってみて、面白いと感じたら購入をお勧めいたします。

    umininさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 音楽と言う名の麻薬

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    バンドをする側の思想や意見や目的がリアルに描写されていて凄くストーリーに呑み込ました。バンドマンとしての生活の苦悩。音楽とは何かとても考えさせられました。
    どのルートも良い感じにまとめられていて楽しめました。中でもバットルートが印象的でした。音楽に対する姿勢がどんどん分からなくなり、泥沼から抜け出せなくなり、何もかも失いサイコパス状態になる話は瀬戸口さんのシナリオっぽさが出てました。
    劇中歌はどれもテンションの上がる曲ばかりでまさに最終作として相応し過ぎると程、熱量を感じました。
    エロはほぼありませんの期待はしないでください。そもそも売りにしてるメーカーではありませんので。
    気になる人は体験版からプレイをお勧めします。

    レビューを表示する

    静流のたーしゃまさんのレビュー -アダルトPCゲーム

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   OVERDRIVEの最新作にして最終作のして最高傑作

    有名ライター瀬戸口の久々の新作
    クラウドファンディングで1億3千万円集め作られました
    久々に寝る間も惜しんで一気にプレイしました
    シナリオも流石のクオリティです曲にも力が入ってます
    値段も抑えめにしてありますし、言う事なしです。
    ぜひ多くの人にプレイしてほしい名作です

    ガガガガガギゴさんのレビュー -アダルトPCゲーム

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    17人中、9人が参考になったと投票しています。

  • 1