サイト内検索

MENU

アダルトPCゲームランキング

クロスコンチェルト ―One or two of us were not enough. It took everybody to reach our intersecting future.―
ダウンロード価格:10,780円
クレジットカード決済なら:
107pt獲得
  • 独占

クロスコンチェルト ―One or two of us were not enough. It took everybody to reach our intersecting future.―

画像はイメージです。実際の作品とは異なる場合がございます。

体験版・無料ダウンロード

ブランド名: あっぷりけ
ダウンロード版対応OS

Windows Windows:7/8/10

配信開始日 2019/10/25
原画 オダワラハコネ
シナリオ 桐月
ゲームジャンル 心を繋げる学園純愛ADV
ボイス あり
シリーズ ----
ジャンル
コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

春――新しい始まりの季節。

八重垣悟は閉鎖的な故郷の田舎を離れ、
亡き母が過ごした学園へ入学を果たした。

新天地での生活に心躍らせる悟だが、
出迎えたのは故郷に残してきたはずの双子の妹、
瑠璃とそのお付きで幼馴染の鏡花だった。

せっかくの新天地に代り映えのしない顔ぶれに落胆しながらも、
悟は新しい生活を始めていく。

そこは見る物が新鮮で驚きと出会いに包まれていた。

姫様と呼ばれる実の妹――瑠璃。
小さい頃から共に過ごしたメイド――鏡花。
クールな先輩――透子
オカルト好きな生徒会長――未来

彼女達との出会いと交流。それから不慣れな寮生活。
しかし、楽しい生活の中にも徐々に暗い影が落ちていく。

悟は瑠璃と共に立ち向かい、
やがてこの街に隠された真実に辿り着くのだった。

▼もっとみる
ダウンロード通常価格: 10,780円
クレジットカード決済なら:
107pt獲得

バスケットに入りました

※価格は全て税込み表示です

コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

購入前にご確認ください

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。

ご利用方法説明ページへ

会員登録

  • B
  • t
  • f

製品情報

ダウンロード版

対応OS
Windows

Windows:7/8/10

動作環境
    対応するOSに準ずる
ソフ倫受理番号 1901210D
プレイ期限

無期限

ID認証形式 ID認証形式

無期限ダウンロード対象商品

ファイル容量 3809.93MB

本商品を利用するためには、最新版のソフト電池ランタイムが必要です。

  • ※Windows7のサポート終了に関しましてはこちらをご確認ください。
  • ※購入前に必ず対応OSと動作環境等をご確認ください。
  • ※体験版のある作品は体験版にて動作をご確認ください。
  • ※体験版が正常に動作しても、対応OS以外は動作保証外となります。
  • ※本製品とハードとの相性が原因と思われる不具合は、サポート対象外とさせていただきます。

ユーザーレビュー

平均評価 4点

総評価数 1(1件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   あっぷりけさんの「集大成」としては、どうなのかな? と思います。

    あっぷりけさんのクラウドファンディングによって製作の規模や内容が決定した最新作で、公式HPのブログなどでは「あっぷりけ作品の集大成的な立ち位置」であることが宣伝されている作品です。

    筆者は、「ジャコス」で有名な『黄昏のシンセミア』であっぷりけさんのファンになった口のゲーマーで、伝奇モノ+サスペンスとして高水準の内容、特にシナリオで引きこまれた口でした。その後『花の野に咲くうたかたの』をプレイし、ちょっと期待していたのとは違うぞ? となり、その後、『月影のシミュラクル -解放の羽-』でシンセミア路線に原点回帰しており、かつ内容も十二分に楽しめたため、『シンセミア』路線で開発されていると公式でアナウンスされていた本作には多大な期待がありました。

    筆者の評価には思い出補正も乗っているとは思いますので、本作単体でプレイされた方には違った色でみえたかもしれませんが、全部の内容をプレイした身からすると、あっぷりけさんの「集大成」としては、どうなのかな? と思います。

    というのも、基本的に本作はクラウドファンディングによって規模や内容が追加される「足し算」で作られたゲームですので、核になる話(主にメインヒロインのルートです)以外は「表現されなかった可能性もある」ので、本質的には蛇足に近いものがあります。そのため、明らかに尺や短く、かつ表現の踏み込みが甘いルートが目立ってしまい、元々大規模のADVでグランドエンドで締める方式になっている『シンセミア』や同じ足し算方式でもサスペンス特化かつユーザーの反応に応じて足し算をしていった『シミュラクル』と比較すると、緊張感や真相に近づいていく高揚感、またあっぷりけさんの伝奇モノシナリオ特有の積年の絶望感などが弱めです。

    加え、シナリオ的な大枠も『コンチェルトノート』の世界観を破壊しないような配慮が十二分にされているため無茶な内容にはならないだろう、という予感があったのですが、実際その通りであったように感じました。筆者的には『黄昏のシンセミア』と『花の野に咲くうたかたの』を足して2で割ったような内容の本作は、ちょっと期待とは違う「集大成」であるように感じました。

    ともあれ、エロゲとしては値段が高いことを除けば高水準のクオリティで、特に文章のクオリティは高いので興味のある方は是非なのですが、インパクトに欠ける内容なのは否めません。

    ゼッタさんのレビュー -アダルトPCゲーム

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1