少女教育

作品紹介

クラスに馴染めないコミュ症3人と幽霊(?)な少女たちとの物語。

もはや結婚を諦め、恋に自信を失いかけた三十路のおじさん先生が、
クラスの女生徒たちと触れあううちに青春(と性欲)を取り戻す、恋愛ADV。

キャラクター

戸井玲野 花子(といれの はなこ)

戸井玲野 花子(といれの はなこ)

イタズラ好きの自称「厠神」。トイレの神様。
ここ数十年は「トイレの花子さん」と呼ばれていた。
学校の制服を着ているのは、本人曰く「みんなに気付いてもらうために今風にイメチェンした結果」だそう。
主人公が自分の姿が見えていることにうっすら気付いており、最近は主人公が担任を務めるクラスに入り浸っている。
「戸井玲野 花子」は他のヒロイン達が名付けた通称。本当の名前は誰も知らない。

稲垣 紗衣(いながき さえ)

稲垣 紗衣(いながき さえ)

見た目と態度はクールだが、実は恥ずかしがり屋で口下手な女の子。
ひとりぼっちの花子のことが、人ごととは思えず友達になる。
おしゃべりが苦手でキリッとした顔つきのせいか、入学当時にクラスメイトからクール系女子に指定されてしまう。
ホントはクラスメイトと遊んだりしたいのだが口下手なせいかうまく入っていけず、いつも一人でいる。
本や映画から知識を得たのか、意外と性的なことを知っている。
しかし、人前で話したりすることはしないむっつりスケベ。

雛田 麻未(ひなだ あさみ)

雛田 麻未(ひなだ あさみ)

主人公の担任クラスの生徒。
主人公が顧問を務める写真部の唯一の新入部員。
成績普通、顔普通。特に目立つところもなく、淡々と学校生活を送る地味な女の子。
クラスで嫌われているわけでもないが、地味な性格のせいかクラスにうまく溶け込めずにいる。
心の中では、友達と遊んだり男の子と付き合ったりキスしたりあわよくばエッチなことをしたいと、
年頃の女の子と変わらない願望を持ってはいるが、今のところはうまくいっていない。

白石 那奈(しらいし なな) ※主人公の名前に応じて名字が変更されます

白石 那奈(しらいし なな) ※主人公の名前に応じて名字が変更されます

主人公の担任クラスの生徒であり、久々に再会した年の離れた妹。
主人公が那奈を最後に見たのは赤ちゃんの頃。
元からちょっと変わったところはあったらしいが、今の学校に入学してから激しく厨二病を発病している。
その実は、周りのみんなが夢や遊びに夢中になったりする中、勉強ができるわけでも無く
特に秀でたところがあるわけでもない自分に劣等感を抱いて、虚勢を張るように厨二(反抗期)を発病している。
また、久々に再会した兄である主人公にも素直になれないでいる。