作品紹介

さあ、“ ”を叶えに行こう

様々な“ 憧れ ”が集う島 “ 光明市 ”

ヒーローに憧れた主人公“ 赤崎 敦 ”と憧れを持つ少女たちが破天荒な日常を呼ぶ─

キャラクター

瑞枝 紅葉 (みずのえ くれは)

少女のミカタの“王子様”
瑞枝 紅葉 (みずのえ くれは) CV:榊原ゆい
憧れ:正義の味方 特技:剣道三段

光明市にやってきた季節外れの転入生。 文武両道で大抵のことはそつなくこなしてしまう。
転入早々に女子生徒から絶大な人気を得て、“光明学園の王子様”とまで呼ばれることになる。
外見とは裏腹に激情家で、敦に挑発されると簡単に乗せられてしまう。そのため顔を合わせれば口げんかを始めてしまいトラブルメーカーと化す。
バカと出会ってしまったがためにバカのペースに巻き込まれてしまった不幸な少女。

「ボクはただ、困ってる女の子の味方をするだけさ」

姫川 白雪 (ひめかわ しらゆき)

光明学園の白雪姫
姫川 白雪 (ひめかわ しらゆき) CV:紺堂まゆり
憧れ:みんなの笑顔 特技:天然ボケ

光明市市長の一人娘。 箱入りお嬢様を絵に描いたような少女。
慈愛と博愛の塊のような少女で、誰に対しても好意的に接する。
しかし同時に世間知らずと天然ボケの結晶のような存在で、どこかズレた発言や勘違いをして周囲のトラブルを助長してしまう。
学園内に当然のようにファンクラブが存在するが、流通している非公式グッズの類は全て姫川従者隊の厳密な審査を通さなければならない。これもう公式グッズじゃないのかな。

「赤崎さんはとても優しい方なのですね。泣いている人を助けずにはいられない……誰でも出来ることじゃないです。尊敬します」

佐倉 桃 (さくら もも)

小動物系チョロイン後輩
佐倉 桃 (さくら もも) CV:小岩井みるる
憧れ:ドラマチックな恋 特技:バカ(敦)の気配を嗅ぎつける

対策委員会の後輩。 委員会活動を行いながら、どこがいいのか敦に熱烈なアプローチを続けている変人。
明るく気安くノリがいい、あざとかわいい後輩キャラ。
まさしくアホの子を絵に描いたような後輩ではあるが、敦が輪にかけてアホなので、彼女の飛ばす好き好きビームはすべて無効化される可哀想な子。
その姿は滑車の中を空回りし続けるハムスターのようで、哀愁を誘う。見る人がみれば可愛い……かもしれない。

「こんなところで会うなんて奇遇ですね運命ですねっ! よーしこのまま桃ちゃんルート入っちゃいましょう!」

平塚 藍茶 (ひらつか あいさ)

バカの飼い主 兼 幼馴染
平塚 藍茶 (ひらつか あいさ) CV:春菜めばえ
憧れ:可愛いお嫁さん 特技:バカの扱い(飼い主)

敦の幼馴染みで、人生の被害者。対策委員会の副委員長で、周りのバカどもには出来ないデスクワークを一手に引き受けている。
暴走特急の敦の手綱を握ることができる数少ない人物で、周囲からは動物園の飼育員のような扱い。
ヒロイン中一番の読書家で、目を離すと本ばかり読んでいる。学園内に数えるほどしかいない常識人の一人。実は隠れ眼鏡。
バカのバカに付き合わされすぎて慣れているため、敦の扱いが雑。その対応はコンビニバイト二年目の大学生を彷彿とさせる。

「……あ、やっと終わった? じゃあ次いこっか」

御厨 伊墨 (みくりや いすみ)

黒幕気取りの学園の“魔女”
御厨 伊墨 (みくりや いすみ) CV:小林由依
憧れ:謎 特技:“魔法”

光明学園の学生理事会長。いつもニヤニヤと惨事を見物してはちょっかいを掛けてくる。敦を対策委員長に任命した諸悪の根源。
対策委員会に仕事と称して厄介ごとを持ち込み方々へとけしかけている。その上、毎日のように好き勝手にこき使うなど完全に私物化している。
学園内では“魔女”と呼ばれる悪の秘密結社の首領のような扱い。やっていることはバカの元締めなので大体あってる。

「一つ、君に質問をしよう── 君は魔法を信じるかい?」