ふれるてラブコネクト ~オレとカノジョの愛情表現(ラブスキンシップ)~

OUT LINE

なでたり、なでられたりすると、すごく気持ちいいね─

『Nephrite』第2弾となる『ふれるてラブコネクト』は、
主人公と4人の幼馴染のラブストーリーです。
うれしいときも、悲しいときも、楽しいときも、いつもいっしょにいた5人が幼い頃に別れ、
そして10年後に再会を果たしたとき、その気持ちは思募へと変わっていきます。

CHARACTER

乾 まなみ

乾 まなみ CV:あさの澪

主人公と同じ年の幼馴染です。
性格はかなり大人しく、人見知りが激しく、そしてかなりの恥ずかしがり屋です。
ただし人嫌いではなく、また自分の性格を改善しようと、何とかしてクラスメートたちと仲良くなろうとしています。
大きくなるにつれて疎遠になってしまった他の幼馴染達とどうやって元通りに仲良くなろうか・・・・・・そのことを思い悩んでいます。
子供の頃から主人公のことを慕っており、彼が初恋です。
けれど、その性格から自分の気持ちをまだ告白できていません。

呉内 れいこ

呉内 れいこ CV:小倉結衣

主人公の年上の従姉です。
運動神経がよく、子供の頃から男の子のような活発な遊び方をしていたため、小学校の頃までは近所の子供の中でリーダー的な存在でした。
その性格は天真爛漫でポジティブなもので、細かいことに拘らないものです。
部活動中心の学園生活を送っていたために浮いた話は一つもなく、そのためにれいこは恋愛と、そしてそれ以上に性的な知識が全くといっていいほどありません。
女性的な羞恥心はあるものの、しかしごく親しい男性──
主人公にはそれもなくなり、子供の頃同様のスキンシップを行い、彼をパニくらせてしまうことも少なくありません。

門野 つかさ

門野 つかさ CV:ヒマリ

主人公とは同い年の幼馴染です。
快活で明るく、さっぱりとした気性の持ち主で、性別関係なく友人が多いタイプです。
子供の頃から主人公のことが好きですが、友達として付き合ってきたため、その思いを告白できていません。
また、打ち明けたときに彼が自分のことを好きでなかった場合、当然今の関係が壊れてしまうため、やはり気持ちを告げられずにいます。
そんな悩みと自分に対する苛立ち、そして思いを隠そうとするあまり、主人公といっしょにいるとどうにも粗野で不機嫌な態度を取ってしまいます。

杜毬 もも

杜毬 もも CV:上田朱音

主人公の妹です。
頭がよく、年齢以上に大人びて落ち着き、何に対しても動じず、その顔に感情らしいものが表れたことがありません。
主人公のことを異性として好きであり、彼の姿を見るだけでものすごく幸せになり、本人いわくしまりがなく、ものすごくだらしない笑顔を浮かべてしまいます。
例えば、物陰からこっそり覗いたり、座っていた椅子に腰掛けて温もりを感じたり、その臭いをかいだり、
彼の後に続いて風呂に入って残り香と、残り湯を飲んでみたり、さらに洗濯物を自室に持ち帰ってその臭いを堪能したり、などなど・・・・・・
ただし、そのことを彼に気づかれたら嫌われるのではないか、そしてその兆候──自分の思いに気づかれてはならないとも考えています。
そのため主人公のことを考えるだけでニヘラ~とだらしなく笑う顔を見せないように努めており、彼といるときには顔に力をこめて笑わないようにしています。