サイト内検索

MENU
中の人などいない! トーキョー・ヒーロー・プロジェクト
ダウンロード価格 6,995円
クレジットカード決済なら
69pt獲得

中の人などいない! トーキョー・ヒーロー・プロジェクト

中の人などいない! トーキョー・ヒーロー・プロジェクト

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。

サンプル動画


対応OS:
Windows Windows:XP/Vista/7
原画: 仁村有志 鳴海ゆう あおなまさお 新庄聡美
シナリオ: 空下元 宮蔵
ブランド: Alcot
ジャンル: 変身ヒロイン  ラブコメ  コスプレ  デモ・体験版あり
平均評価: レビューを見る
コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

ダウンロード

価格 6,995円
クレジットカード決済なら
69pt獲得

※価格は全て税込み表示です

風間晃太郎は一人暮らしの苦学生。
今夜も生活費を稼ぐため、いつものようにバイト先の工事現場に向かったが――
そこで繰り広げられていた光景は、我が目を疑うものだった。

「……なんで着ぐるみとコスプレが戦ってるんだ!?」

ファンシーなゆるキャラが繰り出す鋭いパンチを、コスプレヒーローが華麗に躱す。
ヒーローが放つ派手な必殺技を、ゆるキャラが正面から迎え撃つ。

飛び散る火花に轟く爆音。倒れる鉄骨、砕けるコンクリ。
晃太郎は頭の中で、日常が崩れていく音を確かに聞いた。


「トーキョー・ヒーロー・プロジェクト」――
統京都23区それぞれに1人ずつご当地ヒーローをおき、地元のPRや治安活動に活躍させる計画が実施されてから、2年が過ぎた。

しかし、彼らヒーロー達が本当に超能力を持つことを。
彼らが日夜悪の秘密結社と戦っていることを知る者は、まだ少ない。


事件の影響でバイト先を失ってしまった晃太郎は、友人・延彦の紹介で新たなバイトの面接を受ける。
面接官として晃太郎の前に現れたのは――黒マントの少女だった。

「秘密結社BO団によくぞ来た!」
「……は?」

なし崩し的に悪の秘密結社でバイトをすることになった晃太郎。
新本首都統京を舞台に、ゆるキャラ型パワードスーツの「中の人」として、今日もヒーローと戦います。

▼もっとみる
  • B
  • t
  • f
製品情報
対応OS Windows Windows:XP/Vista/7
動作環境 対応するOSに準ずる
配信開始日: 2014/09/19
ゲームジャンル: ヒーローやゆるキャラの中の人とイチャラブするADV
ボイス: あり
シリーズ: ----
ソフ倫受理番号: 0005682D
  • ID認証形式 ID認証形式
  • 無期限ダウンロード対象商品
  • プレイ期限:無期限
ファイル容量
3086.82MB
本商品を利用するためには、最新版のソフト電池ランタイムが必要です。
  • ※購入前に必ず対応OSと動作環境等をご確認ください。
  • ※体験版のある作品は体験版にて動作をご確認ください。
  • ※体験版が正常に動作しても、対応OS以外は動作保証外となります。
  • ※本製品とハードとの相性が原因と思われる不具合は、DMMサポート対象外とさせていただきます。
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
アダルトPCゲームサービスご利用方法説明ページへ  会員登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.67点

総評価数 3(3件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   購入の法則は・・・決まった!( ー`дー´)キリッ

    レビューの評価を信じ、プレイしてみました。
    結果としては満足しました。はい。

    いろんなネタで構成されており知っている人はあーあのネタか?と思えるものが満載です。
    自分的にはここまでやっちゃう?的な感想ですね。
    ノリは好き嫌いが出てしまうと思いますがハイテンションで突っ走る部分とシリアスな部分の明暗がちゃんと分かれているあたり好感は持てました。

    ナトスさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   死をも厭うな、名こそ惜しめ!

    まごうことなきバカゲーである。
    登場キャラクターがなにがしかのサブカルチャーやスラングを多用し、
    ネタの内容は某友情努力勝利漫画から果ては機動戦士や装甲騎兵までもネタとして入っている。
    台詞の吹き出しのシステムが凝っており、よくある台詞の『枠』を簡略化する代わりに、立ち絵を細かく変えることで、アニメの如くハイテンションで場面が展開する。
    中々のスピードとパワーだ。
    このTaskmakerが生まれた時代には、PC98しかなかった。

    また、特撮のお約束といった内容も当然のごとく完備しており
    ゲームOPの代わりに波しぶきと共に某映画会社のマークに似せたロゴが登場ましましたり、ゲーム中にいきなり特撮キャラのCMが入ったりするので
    腹がよじれるほど笑わせてもらった。
    この作品は特撮好きなら間違いなく楽しめるはずだ。

    Taskmakerさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 物足りないけどノリは嫌いじゃない むしろ好き

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    変身ヒーローもの。
    巨大ロボがでてきたり、主人公が黄金に輝くモードになったり、
    終盤がヒーローものの王道で好き。
    むしろエロシーンがいらない。

    レビューを表示する

    bowyさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  • 1