サイト内検索

MENU

アダルトPCゲームランキング

ぬいぐるまー
ダウンロード価格 3,996円
クレジットカード決済なら
39pt獲得

【独占】 ぬいぐるまー

ぬいぐるまー

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。

対応OS:
Windows Windows:XP/Vista/7/8/8.1
原画: 刀神真咲
シナリオ: 岩清水新一
ブランド: light
ジャンル: 魔法少女  シミュレーション  DMM独占販売  ファンタジー
平均評価: レビューを見る
コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

ダウンロード

価格 3,996円
クレジットカード決済なら
39pt獲得

※価格は全て税込み表示です

それは、ある日いきなり異界へ突然呼び出されたオナニー青年…もとい、
召喚勇者の悲しくも嬉しい物語――。

あるところに人とぬいぐるみがなかよく暮らすヌイルグム王国がありました。
この国では弱い人を助けるために心を持ったぬいぐるみを‘ぬいぐるまー’と呼んでいました。
人とぬいぐるまーは手をとりあって過ごしていましたが、ある日、王様がぬいぐるまーを捕まえてきては‘きぐるまー’に改造するようになりました。
悪い王様に困った人たちは王様を止めようと頑張りましたが、国王親衛隊やきぐるまー軍団には歯が立ちません。
このまま泣いているしかないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

勇気ある少女たちは、別の世界から‘浅葱’くんという勇者さまを召喚したのです。
でもここで問題がおきました。
浅葱くんはやっと浪人生活から抜け出せた普通の人だったのです。
ケンカもしたことのない浅葱くんは、悪の軍団から攻撃を受けてピンチになってしましまいます。
そんなときでした。
少女が悪者にイタズラされるところを見て、浅葱くんの浪漫棒がエレクティングしたのです。
そしてカッチカチの浪漫棒を少女のプリズムホールに差し込むとあら不思議。
浅葱くんの身体に力があふれてくるではありませんか。
やがて浅葱くんはフライ・ハイしました。
ちょっと意識が遠のいた浅葱くんですが、気がついたときには悪の軍団は影も形もなくなっていました。
そうです。これが合体攻撃の力なのです。

「ぬいぐるまー」
……これは召喚された勇者さまが少女やぬいぐるまーと一緒に世紀(性器?)の力を使って悪の国王をうち砕く物語です。

▼もっとみる

特集: light特集

  • B
  • t
  • f
製品情報
対応OS Windows Windows:XP/Vista/7/8/8.1
動作環境 対応するOSに準ずる
配信開始日: 2014/08/08
ゲームジャンル: アドベンチャー+シミュレーション
ボイス: あり
シリーズ: ----
ソフ倫受理番号: 0006558D
  • ID認証形式 ID認証形式
  • 無期限ダウンロード対象商品
  • プレイ期限:無期限
ファイル容量
1037.35MB
本商品を利用するためには、最新版のソフト電池ランタイムが必要です。
  • ※購入前に必ず対応OSと動作環境等をご確認ください。
  • ※体験版のある作品は体験版にて動作をご確認ください。
  • ※体験版が正常に動作しても、対応OS以外は動作保証外となります。
  • ※本製品とハードとの相性が原因と思われる不具合は、DMMサポート対象外とさせていただきます。
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
アダルトPCゲームサービスご利用方法説明ページへ  会員登録

ユーザーレビュー

平均評価 3点

総評価数 1(1件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   バカゲーの皮を被ったクソゲー

    購入する前は、ライトなバカゲーのようなノリの楽しい作品だと思っていたが
    いざプレイしてみたら、悪い意味で唖然とした。
    かわいい少女とぬいぐるみが出てくる世界なので牧歌的なものかと思うかもしれないが、内容はダークファンタジーで陰惨そのもの
    死ぬ描写が異様にリアルなうえ、凌辱は当たり前
    こんな絵なのに拷問じみたプレイが普通にあるので、そういうのが許容できなければまったく受け付けないだろう。
    また、キャラクター攻略にしても、何がフラグになっているのか、ルートがどこなのかもわかりにくく、もはや茶番としかいいようがない斜め上のストーリー展開の中から正解を探すのは至難の業である。
    当方は初回バッドエンドになって終わってしまった。
    しかもステージのなかには、EDもなく適当なテロップが流れてタイトルに戻される強制終了のような罠イベントが存在しており、
    これを踏むとまた同じSRPGパートをはじめからやり直すこととなるので、面倒なことこの上ない。

    シミュレーション部分には必殺技にアニメーションを使ったり、キャラクターもポリゴンをつかったSDキャラだったりと、確かによくできてはいるが
    それでも上記のこともあって非常に面倒臭くかんじてしまう。
    しかも悪いことに、回復アイテムなどはステージ上でしか手に入らない仕様になっているので、やり直しとなるとまたステージ上で拾わなくてはならなくなる。
    ご丁寧に移動しにくいマップの端や段差の上などにおいてあるから始末に悪い。

    もはやクソゲーと断じても仕方のない出来である。

    Taskmakerさんのレビュー -アダルトPCゲーム 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1