サイト内検索

MENU
Clear-クリア-
ダウンロード価格 3,909円
クレジットカード決済なら
39pt獲得

Clear-クリア-

Clear-クリア-

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。

無料ダウンロード

対応OS:
Windows Windows:7/8/10
原画: Mitha 成瀬守 稲垣みいこ えんどり
シナリオ:
ブランド: MOONSTONE
ジャンル: 巫女  幼なじみ  姉・妹  恋愛  デモ・体験版あり
平均評価: レビューを見る
コンピュータソフトウェア倫理機構の審査済み作品です。

ダウンロード

価格 3,909円
クレジットカード決済なら
39pt獲得

※価格は全て税込み表示です

全てが懐かしかった。
鼻をくすぐる潮の匂いが。
セミの音。
照りつける日差しに視界が真っ白になる事も。
全てが…。
いつの日か、彼を外へと導いた橋を。
いまは逆に辿って、生まれ育った島へ向かう。
どちらを向いても思い出ばかり。
島は何も変わっていなかった。
匂いも。
音も。
何もかも…。
変わっていないのに、違って見える。
彼は小さく息をついた。違って見える、その理由に気が付いて。

──何よりも変わったのは、俺なんだ。



主人公、行野光一は当たり前の人とはまるで違っていた。

その、人と違うということが、光一に居場所を失わせた。
それで生まれ育った島に帰ることになったのだった。



島の学校、「琴が丘」学園に通いながら、光一の新しい生活がスタートする。
人との出会い。そして交わり。
目には見えない透明な壁の向こう側で。
光一は「居場所」を探していく。
そこは、人と違うという事が罪ではない。
そして、ひとりでは作れない。
──そんな場所。

▼もっとみる
  • B
  • t
  • f
製品情報
対応OS Windows Windows:7/8/10
動作環境 CPU:Pentium3 500MHz以上
メモリ:256MB以上
解像度:800x600 16bitカラー以上
サウンド:PCM音源を搭載していること
MediaPlayer7.1以降 必須
配信開始日: 2011/06/24
ゲームジャンル: 恋愛ADV
ボイス: あり
シリーズ: ----
ソフ倫受理番号: 0004405D
  • ID認証形式 ID認証形式
  • 無期限ダウンロード対象商品
  • プレイ期限:無期限
ファイル容量
4385.75MB
本商品を利用するためには、最新版のソフト電池ランタイムが必要です。
  • ※購入前に必ず対応OSと動作環境等をご確認ください。
  • ※体験版のある作品は体験版にて動作をご確認ください。
  • ※体験版が正常に動作しても、対応OS以外は動作保証外となります。
  • ※本製品とハードとの相性が原因と思われる不具合は、DMMサポート対象外とさせていただきます。
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
美少女ゲームサービスご利用方法説明ページへ  会員登録

ユーザーレビュー

平均評価 1点

総評価数 1(1件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   胸糞悪い主人公をどこまで許容できるか。

    まずこのゲームで最初に言っておきたいのは、主人公の行野光一が非常に気色悪い生き物だと言う事です。
    幼い頃に心を失ったとか言う設定でいちいち言動に情味がなくどこまでもひねくれており、まともな神経の人間なら奴の台詞を読んでいて胸糞が悪くなること請け合いです。
    この手のアドベンチャーゲームは八割がた主人公の独白で物語が進行しますから主人公に魅力を感じられないとどれだけ他の登場人物が魅力的でも到底楽しめません。
    いくら感動的な結末が最後に待ち受けているとか言われてもそこまで読み進めるのは拷問レベルの苦行と言っても過言ではなく、投げ出す人の方が多いでしょう。
    前作のGiftよりいいところはエロシーンが増えている事くらいじゃないですか?

    あと、セーブが場面毎にしかできず、セーブする場所を間違えるとロードした際にまた過去に読んだ場所を読みなおさなければならないのが非常に不親切でした。
    って言うか、Giftではちゃんといつでもどこでもセーブ出来たのに何でこんな煩わしい仕様にしたのか理解に苦しみます。

    MOONSTONEは無味乾燥ではない主人公を作ろうとしたらしいですが、はっきり言ってときめきメモリアルの様な無個性主人公の方がこんな気色悪い生き物より一億倍マシです。
    って言うか、純愛系エロゲーの主人公は前作Giftの天海春彦くらいの性格付けで上等ですよ。あいつの様に適度にバカで、適度に愛嬌があり、ヒロインの悩みを体当たりで解決出来る適度な頼り甲斐や優しさがあればいいんです。

    それ以外の余計な個性付けをしようとした結果が行野光一と言う胸糞の悪い生き物とは全く笑えない話です。

    あと、前作のGiftもそうでしたがヒロインのシナリオ毎に無駄に多くわらわらと脇役を出し過ぎです。もっとヒロイン同士の絡みを多くすべきでした。


    ウルトラボーイさんのレビュー -美少女ゲーム

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1